簡単なダイエット|手軽に出来て効果抜群の簡単ダイエット情報

簡単なダイエットの裏技

ダイエットって難しいですよね。
当サイトでは簡単で手軽に出来て効果抜群のダイエット情報をご紹介します。

ダイエットは簡単じゃないと続きません。

ダイエットが長続きしない人でも続けられる方法。

1日15分でも痩せるのは●●をするから。

お腹周り、太もも、二の腕など部分痩せも可能。

テレビや雑誌でも紹介されたボディメイクトレーナーの美痩せ術。

芸能人やモデルも実践しているダイエット方法。

きつい筋トレや辛い食事制限は一切不要。

体はスリムにバストはそのままキープ。

2ヶ月でマイナス9キロの減量に成功。

体質が変わるのでリバウンドもしにくい。

↓↓↓リアルな体験者の声をご覧ください!↓↓↓

簡単なダイエットの裏技

 

簡単にラクして痩せる方法があれば、
誰でも知りたいですよね?

 

食べないダイエットでストレスが溜まりドカ食い。

 

結果、リバウンドしてダイエットに失敗。

 

筋トレや運動は長続きがせず、途中で放棄。

 

もうこんなダイエットは止めませんか?

 

そこで、数ある簡単なダイエットの裏技の中でも
個人的に効果のあったものを厳選して紹介しますね。

 

食欲を抑える裏技とは?

 

そもそも太る原因は、食べ過ぎによる
カロリーオーバーによるものです。

 

アスリートのように1日の消費カロリーが多い人は、
逆に食べないと体重が減っていきます。

 

例えば、シンクロ選手の1日の摂取カロリーは、
5000〜6000キロカロリーと言われています。

 

これに対して一般女性の1日の摂取カロリーは、
1600〜1800キロカロリーと言われています。

 

ちなみに、シンクロ選手の1日の食事は、
朝食、昼食、夕食時には必ずご飯3杯と
複数のおかずを食べます。

 

ごはんとパスタのように
炭水化物+炭水化物の食事メニューも一般的です。

 

それにプラス間食もします。

 

間食といってもスナック菓子などではなく、
ドーナツやケーキなど高カロリーなものを食べます。

 

ですので、1日の摂取カロリーが、
5000キロカロリーを超えます。

 

でも、これだけ食べても太ることはありません。

 

何故なら、1日の消費カロリーが多いからです。

 

シンクロ選手は1日に12時間近く練習する上に、
ほとんど水の中に浸かっています。

 

水の中に浸かっていると体温を維持しようとして、
普通にしていてもエネルギーがどんどん消費されます。

 

そのため、1日の消費カロリーが
5000〜6000キロカロリーになります。

 

もちろん、消費カロリーは年齢や
身長、体重によって違いますので、
あくまでも目安としてお考え下さい。

 

ですので、いくら高カロリーな食事をしても
太らないのです。

 

当然ですが、一般の女性の場合は、
1日で消費カロリーが、
こんなに多くなることありません。

 

例えば、女性、20代、身長160センチ、
体重50キロ、1日の運動量低いという条件での
1日の消費カロリーは約1500キロカロリーです。

 

当然、1日の摂取カロリーが、
1500キロカロリーをオーバーしていれば、
太っていきます。

 

特に、10代や20代の時は食欲が旺盛です。

 

そのため、ついつい食べ過ぎてしまうことも
多々あります。

 

また、ダイエット中は、どうしても
誘惑に負けそうな時がありますよね?

 

我慢できずについドカ食い・・・

 

ということも珍しくありません。

 

そんな食欲を一瞬にして
抑える裏技があります。

 

それは、鼻の下と眉間に
メンソールのクリームを塗ると
食欲を抑えられる裏技です。

 

リップやハンドクリームなどがいいですね。

 

鼻の下や眉間には
満腹中枢を刺激するツボがあるため
食欲を抑える効果があるのです。

 

誘惑に負けそうになった時に
是非試して下さいね。

 

食事の量を減らしても満腹感を得られる裏技とは?

 

食事の量を自然に抑える裏技は、
「よく噛む」ことです。

 

すぐに飲み込んでいた食事を、
20〜30回噛んでから
飲みこむようにして下さい。

 

すると自然と満腹感が沸いてきて、
食事の量が抑えられます。

 

これは、噛むという刺激が脳に伝わり、
胃にものがたくさん入ってしまう前に、
脳から「満腹」という信号が出されるからです。

 

さらに、食事の時にお茶やお味噌汁、
スープなど、汁物をたくさん取り入れることも、
食事量を減らす裏技です。

 

汁物でお腹が膨れて、
食べ過ぎを予防できます。

 

 

できるだけカロリーの少ない飲み物や、
体を温めるような飲み物がお勧めです。

 

食事中に梅干を食べるだけで痩せる裏技とは?

 

から揚げ、トンカツなどの揚げ物や
ご飯やパン、パスタ、うどんなどの炭水化物、
さらにお肉など何を食べてもOK。

 

そんな夢のような
ラクチンダイエットがあります。

 

その方法とは、いつもの食事に中に
梅干を食べるだけというものです。

 

 

では、何故梅干を一緒に食べることで、
痩せることが出来るのか?

 

それは、梅干に含まれる成分にあります。

 

梅干には肥満予防に効果のある
「バニリン」という成分が含まれています。

 

梅干の産地である和歌山で
疫学的調査をしてわかったことがあります。

 

それは、毎日、梅干を3個以上食べる人は、
それ以外の人に比べて、肥満度を表す
肥満指数(BMI)の数値が
低くなっていたということです。

 

ですが、残念なことに「バニリン」は、
私たちが普段食べている食品の中では
梅干以外にはほぼ含まれていません。

 

そのため、梅干が苦手な人にとっては、
苦痛に感じるかもしれません。

 

梅干を食べると痩せる仕組みは、
「バニリン」が体内の脂肪細胞に刺激を与えて、
脂肪が燃焼されダイエットに役立つというわけです。

 

この「バニリン」とダイエットの関係は、
近年の研究により明らかになりました。

 

口から摂取された「バニリン」は小腸で吸収され、
脂肪細胞を刺激します。

 

その結果、脂肪が燃焼され体重が減少します。

 

では、どれぐらい梅干を食べれば
ダイエット効果が期待できるのか?

 

それは、1日3個食べると
効果があると言われています。

 

ダイエット効果を高めたいために
大量に梅干を摂取することは、
健康上体に良くありません。

 

というのも、梅干には塩分が多く含まれているため
3個以上食べると塩分過多になってしまうからです。

 

ちなみに、厚生労働省が発表している
1日の塩分摂取量の目安は、
男性が8.0グラム未満、
女性が7.0グラム未満となっています。

 

梅干1個の塩分量は
メーカーや大きさによっても違いますが、
1〜2グラム程度だと言われています。

 

そこで、梅干3個で「バニリン」を
たくさん摂取できる裏技を紹介しますね。

 

その方法は、梅干を加熱することです。

 

やり方は、とっても簡単で
食べる前に梅干をラップして、
500Wのレンジで1分温めるだけです。

 

最新の研究データによると梅干には「バニリン」の他に
「バニリングルコシド」という成分も含まれています。

 

この「バニリングルコシド」という成分自体には
脂肪燃焼の効果はありません。

 

ですが、加熱することで分裂して
「バニリン」に変化することがわかっています。

 

なんと、過熱をするだけで梅干に含まれる
「バニリン」の量が20%もアップします。

 

ラップ以外に直接網の上で焼いてもOKです。

 

梅干を温めても味自体は変化しませんので、
ご安心下さい。

 

ちなみに、梅干を一度加熱すると、
冷蔵庫などで冷やしても
「バニリン」の量は増えたままで
減ることはありません。

 

あずきスープで痩せることできる裏技とは?

 

普段の食事前にあずきスープを飲むだけで、
痩せることが出来るなんて、
信じられないような話ですよね?

 


(※写真はイメージです。)

 

でも、これにはちゃんとした理由があるんです。

 

あずきには、赤ワインや
チョコレートなどに含まれている
ポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールには、食後の血糖値を抑えて、
糖が脂肪に変わるのを抑える効果があります。

 

ですから、食事前にあずきスープを飲むことで
ダイエット効果があるのです。

 

また、ポリフェノールには動脈硬化などの原因となる
コレステロールを体外に排出する効果もあります。

 

効率的にポリフェノールを摂取するためには、
あずきが良いとされています。

 

その理由とは、あずきには、
赤ワインの1.5〜2倍ほどの
ポリフェノールが含まれているからです。

 

それが、ダイエット効果を高めてくれるのです。

 

ちなみに、100グラム中に含まれている
ポリフェノールの量は
赤ワインが約300ミリグラムに対して、
あずきは約600ミリグラムほどあります。

 

また、赤ワインやチョコレートには
ダイエットの妨げになる
単純糖質というものが含まれています。

 

この単純糖質は、
体に吸収されやすい糖質になります。

 

一方、あずきに含まれている糖質は複合糖質で、
吸収が緩やかな性質の糖質になります。

 

そのため、あずきが
ダイエットに適しているのです。

 

では、あずきスープの作り方を紹介しますね。

 

通常、あずきを煮る時に捨ててしまう煮汁には、
大量のポリフェノールが含まれています。

 

何故なら、ポリフェノールは、
煮汁に溶け出す性質を持っているからです。

 

そこで、煮汁を捨てることなく、
あずきスープを作るには魔法瓶を利用します。

 

@魔法瓶に乾燥あずきを50グラム入れます。

 

A塩少々とコンソメキューブ1粒を入れます。

 

B熱湯を400ml入れます。

 

C横にした状態で一晩放置します。(6〜7時間ほど)

 

コンソメ味に飽きたら、カレー味、みそ味、
和風だしなどに変更しても問題ありません。

 

あずきスープは正直に言って、
そんなに美味しいものではありません。(笑)

 

香こそおしるこの匂いがしますが、
砂糖なども入れていないので甘みもありません。

 

これがあずきスープの
デメリットと言っていいでしょう。

 

ちなみに、夏場など暑い時期は、
冷やして飲んでも問題ありません。

 

さらにあずきスープで残ったあずきの豆にも
驚きのダイエット効果があります。

 

意外と知られていませんが、
あずきには食物繊維が多く含まれています。

 

同じ100グラム中に含まれる食物繊維の量は、
ゴボウの約3倍、サツマイモの約8倍にもなります。

 

食物繊維は、体内では消化・吸収されません。

 

そして、水分を吸収して
数倍から数十倍に膨張します。

 

これにより腸を刺激して排便を促します。

 

その結果、便秘解消の効果もあるのです。

 

あずきは便秘で悩んでいる方の
強い味方でもあるのです。

 

また、あずきに含まれる食物繊維には、
体内の老廃物を外に出す働きもあります。

 

それと共に腸内環境を整えて代謝を上げ、
痩せやすい体を作ってくれます。

 

そこで、あずきスープで残ったあずきを使って、
簡単に出来るあずき餃子のレシピを紹介しますね。

 

<あずき餃子のレシピ>

 

1.あずきをみじん切りにする。

 

2.あずき、キャベツ(塩もみして水分を切る)、大葉を合わせる。

 

3.ニンニクとショウガをすり潰したものを加える。

 

※ニンニクには、血管拡張作用など、
血流を良くする効果があります。

 

その結果、カロリー消費量がアップして、
ダイエット効果が上がります。

 

4.食材をよく混ぜ合わせる。

 

※あずきに下味が付いているので、
特に下味をつける必要はありません。

 

5.混ぜた餡を餃子の皮で包む。

 

6.フライパンで焼く(中火)。

 

7.美味しそうな焦げ目がついたら完成。

 

ひき肉の代わりにあずきを使うことで、
カロリーダウンしてダイエットにピッタリです。

 

味も普通の餃子とほぼ変わりありません。

 

また、大葉が入っているので、
爽やかで食べごたえもあります。

 

あずき餃子の他にもひき肉の代わりに
あずきを使ったミートパスタやハンバーグなど
色々とアレンジできるので試して下さいね。

 

買い物中の買い過ぎを防止する裏技とは?

 

買い物の時に出来る
簡単な裏ワザもあります。

 

それは買い物は、
満腹の時に行くということです。

 

空腹の時に買い物に行くと、
必ず買いすぎてしまいます。

 

カロリーの高いものや甘いものが
欲しくなることもありますので、
買い物は必ず満腹の時に行くことを心掛けて下さい。

 

さらに、買い物中は飴をなめたり、
ガムを噛むことで食欲を抑えることが出います。

 

これだけで、食べ過ぎ、
買い過ぎを予防できます。

 

このように、簡単ですぐに始められる
ダイエットの裏技はたくさんあります。

 

どれも、なるほど!
と頷けるものばかり。

 

早速始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事を読まれた方は以下のページも閲覧されています。

 

簡単に痩せるダイエットの秘訣

 

簡単に摂取カロリーを計算する方法

 

簡単にダイエットするためにカロリーコントロールをする方法

 

超簡単なダイエット方法


 
Copyright (C) 簡単なダイエット|手軽に出来て効果抜群の簡単ダイエット情報 All Rights Reserved.