簡単なダイエット|手軽に出来て効果抜群の簡単ダイエット情報

子供にもできる簡単なダイエット

ダイエットって難しいですよね。
当サイトでは簡単で手軽に出来て効果抜群のダイエット情報をご紹介します。

ダイエットは簡単じゃないと続きません。

ダイエットが長続きしない人でも続けられる方法。

1日15分でも痩せるのは●●をするから。

お腹周り、太もも、二の腕など部分痩せも可能。

テレビや雑誌でも紹介されたボディメイクトレーナーの美痩せ術。

芸能人やモデルも実践しているダイエット方法。

きつい筋トレや辛い食事制限は一切不要。

体はスリムにバストはそのままキープ。

2ヶ月でマイナス9キロの減量に成功。

体質が変わるのでリバウンドもしにくい。

↓↓↓リアルな体験者の声をご覧ください!↓↓↓

子供にもできる簡単なダイエット

 

子供が肥満に走ってしまう多くの原因は、
食事の量や摂り方にあります。

 

 

小学生になると、
体質が変わりやすくなります。

 

また、共働きだと親御さんのいない間に、
お菓子やアイスを食べ過ぎて、
食生活が乱れがちになります。

 

お小遣いを与えている場合も
親の目の届かない所で買い食いなどしていないか
注意するようにしましょう。

 

成長期の子供が、極端に食事制限をしたり、
ダイエット食品に頼るようになってしまうと、
心身ともに健全に成長しない恐れがあるのでお勧めできません。

 

また、過食症や拒食症などに
陥ることも考えられます。

 

そのため、子供のダイエットは
あくまで食べる量を
自然に減らせるようにすることが大切です。

 

過度なダイエットは危険ですので、
止めましょう。

 

しっかりと咀嚼をしましょう!

 

食事中にはとにかく良く噛んで、
ゆっくり食べるようにしましょう。

 

噛むという刺激が脳に伝わり、
「満腹」という情報が初めて出されるのです。

 

これを脳が満腹だと認識する前に
どんどん胃に物を詰め込んでしまうので、
食べる量が増えて太ってしまうのです。

 

とにかく、水を沢山飲みながら、
ゆっくりとよく噛んで食べる。

 

これが基本です。

 

また、良く噛むことで歯が丈夫になりますし、
脳細胞が刺激されて発達も良くなります。

 

また、空腹状態で食事をすると、
早食いになってしまい、
それが肥満の原因にもなります。

 

ですから、小腹が空いた状態で30分ほどかけて、
ゆっくりと食事をするようにしましょう。

 

朝食はしっかりと食べるようにしましょう!

 

朝ご飯を食べないと、
空腹状態が続き血糖値が下がります。

 

この状態で食事をすると、
急激に血糖値が上がります。

 

すると、血糖値をコントロールする
インスリンの分泌量が多くなります。

 

インスリンの分泌量が多くなると、
脂肪を溜め込もうとする働きが強くなります。

 

それが、肥満の原因につながります。

 

簡単に言いますと、
空腹状態が長ければ長いほど、
食事で摂った栄養分を
体に溜め込みやすくなるのです。

 

逆に朝ご飯を食べることで、
脳が目覚め活動量が増えるので、
カロリー消費が多くなり、
太りにくい体質になります。

 

外食を減らしましょう!

 

家族そろって外食を楽しんでいる方も
多いと思います。

 

ですが、食べ放題のお店やファストフード、
ファミリーレストランなどでの
外食は出来るだけ減らすようにしましょう。

 

外食をすると動物性脂肪や
たんぱく質の過剰摂取になり、
それが肥満の原因にもなります。

 

もし、外食をする場合は、
お蕎麦屋やお鍋屋、和食店など、
出来るだけヘルシーなお店を選びましょう。

 

ですが、回転ずし店では、
お寿司以外にカレーやラーメン、天丼、
かつ丼、ケーキなども販売されているので、
注意が必要です。

 

さらに、カップラーメンなどのインスタント食品や
揚げ物、フライドポテトやピザなど高カロリーな
食べ物は出来るだけ食べないようにすることも大切です。

 

また、冷凍食品も便利ですが、
高カロリーな食べ物が多いので注意しましょう。

 

親御さんは大変ですが、
出来るだけ家で手作りの食事を作り、
お子さんが肥満にならないよう
食事の管理をしましょう。

 

特に成長期は食べ盛りなので、
注意しないとすぐに太ってしまいます。

 

そのため、1回の食事の量や脂肪の摂り過ぎに注意し、
炭水化物を減らして野菜中心の食事を心がけましょう。

 

炒め物や揚げ物など油を多く使う料理は、
1日1品以下にしましょう。

 

学校の給食メニューが事前にわかっている場合は、
夕食で被らないようにすることも大切です。

 

また、子供向けのダイエットレシピなどもありますので、
それらを活用しましょう。

 

食べる順番に注意しましょう!

 

普段の食事は好きなものから
食べている方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、食べる順番を変えるだけで、
カロリーの吸収量が変わります。

 

それがダイエットにつながります。

 

逆に食べる順番を間違えると、
太りやすくなってしまいます。

 

いつもと同じ食事の
食べる順番を変えるだけなので、
子供にもできて簡単です。

 

では、具体的な食べる順番を紹介しますね。

 

@最初に汁物を食べましょう

 

味噌汁やスープがある場合は、
最初に食べるようにしましょう。

 

汁物がない場合は、
最初にお茶やお水などを飲みましょう。

 

先に汁物を食べることで、
満腹感を感じて早食いを防ぐことが出来ます。

 

そして、ゆっくりと食事を摂る準備が
出来るようになります。

 

A野菜などの食物繊維を食べましょう

 

野菜に含まれている食物繊維には、
脂質やコレステロールの吸収を
緩やかにする効果があります。

 

また、野菜を食べることで、
血糖値の上昇を抑えて、
インスリンの分泌量を減らしてくれます。

 

さらに、野菜は繊維質の食べ物なので、
しっかりと噛まないと飲み込めないため、
満腹感を感じやすくなります。

 

そして、野菜を先に食べることで、
野菜の食べ残しを防止することもできます。

 

特に野菜嫌いの子供には効果的です。

 

ですが、同じ野菜でもジャガイモやニンジン、
カボチャなどは炭水化物が多いので、
最後に食べるようにしましょう。

 

Bお肉やお魚などの主菜を食べましょう

 

野菜の後は、タンパク質を多く含む
主菜を食べましょう。

 

また、主菜を食べる時は、
豆腐や納豆、豆類などの
植物性タンパク質から食べましょう。

 

その次に、お肉やお魚などの
動物性タンパク質を食べましょう。

 

タンパク質は消化に時間がかかり、
満腹感が長続きするので、
間食防止につながります。

 

C最後にご飯やパンなどの主食を食べましょう

 

空腹時に主食の炭水化物を先に食べると、
血糖値が急激に上昇して脂肪を溜め込みやすくなります。

 

また、最初に汁物や野菜、
タンパク質の順番で食べることで、
満腹感が得られており、
自然と食べる量を減らせることも出来ます。

 

その結果、食事全体の
カロリーを減らすことになります。

 

ですので、最後に食べる主食は
残しても問題ありません。

 

ですが、食べ残しは行儀が悪いので、
食べる順番に食事を出すようして、
腹八分目になったら食事を止めても問題ありません。

 

「腹八分目に医者要らず」という諺もありますから、
食べ過ぎには注意しましょう。

 

また、白米を玄米に変えたり、
うどんをそばに変えることで、
ダイエット効果が上がります。

 

白米やうどんは、GI値の高い食べ物です。

 

GI値とは、「Glycemic Index
(グリセミック インデックス)」の頭文字を取った値で、
食べ物が糖に変わる血糖値の上昇度合いを
食品ごとに計測した数値のことです。

 

【予備知識】

Glycemic・・・「血糖の」という意味。

 

Index・・・「指数」という意味。

 

ですので、GI値の高い食べ物を
食べないようにすることで、
ダイエット効果を高めることが出来ます。

 

ちなみに、GI値の高い食品は、
コチラのサイトで確認できます。

 

このように食べる順番を変えるダイエット方法は、
医学的にも証明されている正しい方法です。

 

特に糖尿病患者さんに効果の高い方法として、
研究結果が発表されています。

 

即効性のあるダイエット方法ではないので、
すぐに痩せるわけではありませんが、
健康的に痩せることが出来ますので、
子供にはお勧めのダイエット法になります。

 

ただし、いくら食べる順番をいくら変えても
1回の食事の量が多く、高カロリーなものばかりを
食べていては効果はありません。

 

ですが、食べる順番を変えるだけなので、
無理せず続けられます。

 

また、炭水化物を
全く食べないダイエット法ではないので、
ストレスも溜まりません。

 

家族全員でダイエットに取り組むこともできますので、
メタボ気味なお父さんにもお勧めのダイエットです。

 

甘いものやおやつは控えましょう!

 

甘いものや油の多いスナック菓子等の
おやつはお勧めできません。

 

とは言え、子供ですからお腹が減りますよね?

 

やめさせるのはかわいそうです。

 

おやつを減らすコツは、
毎日決まった時間にだけ
おやつを食べるという決まりを作ることです。

 

そして、取り皿に食べる分を決めて
取り分けてから食べるということです。

 

ダラダラと食べたい時に食べたいだけ食べていると、
思った以上にたくさん食べていることがよくあります。

 

取りわけて自分の目で食べた量を確認できると、
それで満腹だと心理的に認識することができます。

 

これも、子供のための
簡単なダイエット方法だと言えます。

 

そして、とにかく体を動かすことです。

 

運動が苦手でも、億劫がらず、面倒くさがらず、
テキパキと動くことを心掛けることです。

 

たいていの子供は、
これで随分とダイエットに成功するはずです。

 

本人だけではなく、
親や周りの大人の心掛け一つ、
というわけですね。

 

 

この記事を読まれた方は以下のページも閲覧されています。

 

簡単なダイエットメニュー

 

簡単にダイエットできる菓子のレシピ

 

簡単にダイエットできるバナナケーキのレシピ

 

簡単でヘルシーなチーズケーキのレシピ

 

簡単なダイエット料理


 
Copyright (C) 簡単なダイエット|手軽に出来て効果抜群の簡単ダイエット情報 All Rights Reserved.